ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

MENU CLOSE

太田研究室

微生物の不思議を分子レベルで解明する!

糸状菌には、古来より発酵食品の生産に用いられてきた「麹菌」に代表されるような人類の食と健康に役立つ菌種がいます。一方で、アフラトキシンB1といったカビ毒を産生して農作物を汚染したり、農作物やヒトに感染して病気を引き起こしてしまうような人類の食と健康を脅かしてしまうような菌種もいます。糸状菌は読んで字の如く糸のように細長く細胞増殖して生育範囲を広げていく微生物です。糸状菌が良いことをするにも悪いことをするにも菌糸を伸長させることが必要不可欠です。良い糸状菌をより有益に利用したり悪い糸状菌をやっつけるためには、菌糸の伸長メカニズムを理解することが必要となります。菌糸の伸長は、主に菌糸の先端で活発に起こっています。菌糸の先端では何が起きているのでしょうか?菌糸の先端では、新しい細胞壁が造られています。私たちは、糸状菌の細胞壁がどのようなメカニズムで造られていくのかを明らかにすることで菌糸の伸長メカニズムを理解しようとしています。具体的には、細胞壁の生合成するために必要な「糖転移酵素」を新しく見つけて、機能や構造を明らかにする研究を進めています

教授:太田 一良
准教授:岡 拓二

研究内容

1. 微生物の不思議を探ろう!

再生可能なバイオマス資源の高度利用、特にバイオマスのもつエネルギーを利用可能な形態へ変換する発酵技術の確立を目的としています。そのために、カビの分泌する有用な多糖分解酵素の利用と遺伝子解析を行っています。また、大腸菌の染色体にエタノール発酵に必要な遺伝子を組込むことによりKO11株が作成され、木質系バイオマスからのエタノール収率を大幅に向上させることが可能となりました
 

2.微生物の形をつくる生命現象のナゾを解明する!

糸状菌の細胞壁構造の模式図

アスペルギルス属というカビの仲間には、お酒や味噌、醤油、塩こうじなどを造るのに必要な「麹(こうじ)菌」、食品を汚染してアフラトキシンという猛毒を産生する菌、アスペルギルス症という病気を引き起こす菌、有用な酵素を生産するための菌などが含まれており、私たちの生活に密接に関わっています。このアスペルギルスの物質生産能や病原性には菌糸の成長、つまり、細胞壁の合成が深く関わっています。そこで、私たちはアスペルギルス属の細胞壁の合成がどのように行われているのかということを解明するために研究を進めています。実際に、細胞壁中に含まれるガラクトフラノースという糖の合成に関わる遺伝子を世界に先駆けて見つけることができています。

業績

太田 一良 教授

岡 拓二 准教授

研究室ニュース

記事がありません